降矢動物病院

(フルヤドウブツビョウイン)

 
 
 
 
 
  動物たちと飼い主さん、
双方の立場に立った治療を行います。
 
 
 
 
 
 

お知らせ

2020.9.27
当院の病院経営者が私、降矢から11月頃より現在勤務医の
小山 健先生に移行します。約24年間、いろんな方々、また動物
たちと係ってきました。その一つ一つが忘れられない想いです。
勤務医時代も入れると28年間、全力で頑張り続けました。
忙しいときは一日100件以上、ペットブームの時代は一日平均
60件くらいの診療をしてきました。周りからはまだ早いんじゃないかと
言われることも多いです。しかし8年前から自律神経のバランスを崩し
薬を飲み続けながらここまでやってきましたが私も52歳という年齢に
なり、更に体調のコントロールが難しくなってきたのを数年前から
感じていました。今年に入り、もう限界だなというのとこれ以上
続けると患者さんに迷惑をかけてしまうという思いから臨床獣医師と
いう獣医にとって一番やりがいのある場所から退こうと決断しました。
どんな仕事にも終わりはあります。個人的見解ですが臨床獣医師は
一見華やかにも見えますが人間でいうところの全科を診察しており
飼い主様の要望にお応えする診療を実施し続けることは身を粉に
し続ける仕事で最先端で走り続けるため退職は早いと思います。
かといって力を抜いてできることだけに絞って診療、治療を行うという
選択肢もありましたが、今までできていたことをやらずに続けるのは
来ていただいている多数の患者様にご迷惑がかかると思い数年かけて
次期継承者を探していました。
そこで私がこの人ならと思ったのが小山先生でした。動物に対する
思いやりまた飼い主様への気配りなど、この先生ならこの地域でやって
行けるのではないかと思いバトンを渡すことにしました。
朴訥としたところがありますが、飼い主様、動物の立場になって
治療を考えていける素質を持っています。現在、私からの指導も
行っています。小山先生は患者さん、動物たちの幸せを心より
願いまた、それを自分のことのように幸せに感じることができる
人間としても尊敬すべき部分を持った人物です。
私は今後、勤務医として病院のお手伝いにいきます。病院のほうも
私が行っていた時と同じように飼い主様と動物たち双方の立場に
立った治療を行います。また常に最新の治療を学び努力いたします。
診療時間に関しては月曜日~土曜日まで午前、午後とも診察をしています。
医療は日進月歩です。これからも小山先生を筆頭に臨床に邁進する
病院となるよう頑張ります。
予定では10月2日までは今まで通り、10月5日(月)からは
私の診察は月、水、土になります。11月1日より私は土曜日のみ
出勤いたします。その他は予約診療になります。(月、水曜日)
外科に関しては次期院長が困難と判断した場合は私が執刀いたします。
外科治療に関しては私自身は相当数の経験と知識を持っています。
こちらも希望があればご指名下さい。
ご迷惑をおかけし、申し訳ございません。
今後私は獣医師としてしか社会の歯車に入ることはできません。
今まで私がおろそかにしてしまった往診治療というやり残した場所で
自宅を拠点にやっていきたいという方向性を考えています。
2020.9.5
フィラリア症予防薬の投与(5月初旬~12月まで)
を9月以降も忘れずに最後まで行って下さい。
フィラリアと併せてノミ、ダニの予防も行って下さい。
予防薬やフードのみの患者様は優先的に対応いたします。
2020.6.12
新型コロナウィルス感染症に関して。
 
当院ではお車でお待ちいただく、予防関連やフードの
受け渡しなどドライブスルー形式で行えますので
来られた際にその旨を受付までお伝えください。
院内にはアルコール消毒、ディスポ手袋など用意
しています。
診察室が混雑時はスタッフからお車もしくは外出、
駐車場でお待ちいただくようにお伝えいたします。
申し訳ありませんがご了承をお願いいたします。
2020.9.10
狂犬病予防接種がまだお済でない方は、早めに接種をお勧めします。
当院では予防注射のみの方は、優先的に接種をしています。
お待ちいただく時間はほぼありません。

(但し稀に急患や診療から手が離せない場合もありますので
ご了承ください)
2020.5.14
新型コロナウィルスの感染減少がみられていますが完全終息
に近づくまではご注意いただきたいと思います。

当院では以前より院内感染防止のため車内で呼び出しベルを
持ってもらいお待ちいただく、または外出、帰宅されても
順番通りの診察を行うなどの対処をしています。
また院内、診察室の床は毎日次亜塩素酸ナトリウムで消毒をしています。
診察台や診察室の塩素消毒も診察ごとに行っています。
院内換気も行ってます。
2020.5.14
エキゾチックアニマルに関して
ハリネズミさんなどたまにエキゾチックアニマルでも
治療において詳細な知識と技術がないと診療できない
ケースもあります。それは症状によることがありますが
ハリネズミさんにおいては非常にデリケートな動物です。
獣医師ですからもちろん診察はできます。ただし診察する
以上、当然その動物に対しての専門的知識を持ち尚且つ
曖昧なことをやってはいけないと個人的には思っています。
ハリネズミさんでも当院で治療できる内容の場合は
お受けしています。そのあたりは電話で内容をお聞きし
判断しています。当院での対応が困難だと判断した場合
兵庫県灘区のフォーゲル動物病院をご紹介しています。
エキゾチックアニマルの
専門病院で尚且つ全国的に
エキゾチックアニマルの講習なども
行われている、
最先端の知識と技術を持たれている先生なので

難病なども含めしっかりと診察してもらえます。
 2020.9.10
SFTSについて
ダニに関してはSFTS(重症熱性血小板減少症)などの
人畜共通感染症を発症することがあります。
現在、世間ではコロナウィルスが深刻化していますが
SFTSも人間に感染する可能性のある怖い病気です。
特にペットのダニ寄生から感染する恐れがあるため早めの予防を
お勧めします。

先日も広島県福山市でマダニ交渉によりSFTSに感染し
亡くなられた方がいらっしゃいます。昨年近隣では
丹波市、福知山市などで発生が認められています。

人も動物も感染する伝染病です。
ホームセンターなどではなく医薬品を使った動物病院処方の
ノミ、マダニ駆除薬を使用してください。

 
2020.2.7
再生医療、幹細胞移植を手軽に行えるようまた再生医療は
多種な疾患に治療効果が期待できるため今後積極的に
取り入れていきたいと思います。
そのため、費用を含めた患者さんへの負担を大きく減らした
治療にしていきたいと考えています。
2020.1.23
本年も動物たちと飼い主さんの立場にたって、最新医療を
取り入れ、安心して来院していただける病院をスタッフ一同
心がけていきます。
 
2019.5.28
再生医療
再生医療は現在、人医療のほうで少しずつ実施されている報道が
時々見られますが、動物医療における再生医療はすでに10年以上
研究、また臨床に適応されている技術です。
当院でも6年前から取り組んできている分野で今後、癌治療、
難治性椎間板ヘルニア、自己免疫性疾患など様々な疾患への適応が
期待できる新しい医療技術として実施しています。
本年度、難治性疾患に対し再生医療を積極的に取り入れていく
予定です。そのための設備を充実させていきます。

人医療でも始まったばかりの再生医療で様々な病気の治療が
行われています。獣医療における再生医療は人医療よりも先行し
実施されています。まだまだ治療を諦めないで下さい。
再生医療はまだ始まったばかりですが人間も動物も今後大きな期待が

持てる最先端治療です。
詳細は「施設案内」をご覧ください。
 
2018.12 .1
深夜時間外診療に関して
大阪府箕面市の北摂夜間救急動物病院をお勧めいたします。
こちらの病院だと夜間専門病院ですのでしっかりとした
診察、治療を行ってもらえます。
またその後の継続をかかりつけの病院で行うことができます。
個人病院での夜間診療はスタッフもいないため、応急的な
処置しかできません。状況によっては飼い主様に診療の
お手伝いをしてもらうことになりかねないです。
但し継続治療の患者さんには休日診療や緊急の連絡先などを
お伝えし当院で対応します。

北摂夜間救急動物病院 診療時間(20時~6時)
tel  072-730-2199
アクセス 大阪府箕面市船場東2-3-55 北摂ベッツセンタービル
※受診される場合は必ず電話連絡の上、お願いいたします。
 
日、祝日の診療に関しては加東市のこのみ動物病院の診療を
お勧めします。(日、祝日とも午前、午後の診察があります)
当院と連絡が取れ、引継ぎも可能です。
このみ動物病院 〒673-1341 加東市南山3丁目1-2
        tel  079-21-6182
 
2019.1.15
診察をお待ちの患者さんには待合室でお待ち
いただくか、西隣の駐車場で(空いているスペース
ならどこに止めてもらっても構いません)15台くらいは
停めれます。
お車でお待ちいただいても構いませんので番号ベル
お持ちになりお待ち下さい。
他には外出、または帰宅してもらい、戻ってこられたら
一番に診察させていただくこともできますので
ご利用下さい。(ご利用されている患者様は多いです)
外出、お戻りの際は受付にお声がけを
お願いいたします。
例外といたしまして、ワンちゃんの体調、
もしくは飼い主様の体調などにより診察順を
変更する場合もございます。
そのような状況の場合は受付まで
お申し出ください。
 

当院の特徴

 
 

ご挨拶


先代より約40年以上この篠山で多くの動物、患者様に接して来ました。
地域特有の病気や患者さんの考えなどをたくさん
対応してきた中で地域性も含めインフォームドコンセントを
大切に診療を行っております。
 
動物たちや飼い主様に対してできるだけご意向に沿えるよう
努めていきたいと思います。
また、動物たちへの思いやりのある診療を志します。
各ご家庭、飼い主さんにより考え方、事情は様々だと思います。
そのため、当院ではできるだけご都合に合わせた治療を行うように致します。

手術に関して
外科手術では避妊、去勢手術(腹腔内停滞睾丸を含む)、各種ヘルニア治療、
椎間板ヘルニア(ヘミラミネクトミーまたはPLDD)
緑内障による眼圧亢進に対して半導体レーザーを用いた
毛様体凝固術、各種骨折整復、フィラリア摘出術、各種腹部腫瘍摘出、
腸閉塞、胆嚢、肝葉摘出、会陰尿道瘻形成術(犬、猫)、胃捻転整復、
各種脱臼整復、帝王切開、十字靭帯整復、歯石取り(抜歯やスケーリング)、
耳道摘出術、ロッキングプレート術など多種な外科治療を開業以来24年で、
6000件以上行っています。
小型犬から50キロを超える超大型犬まで施術可能です。
外科治療は正確かつ安全に短時間で施術することを大切に行っています。
ほとんどの外科手術は可能ですが高度医療施設での手術が必要と
判断した場合は最先端医療を行っている2次診療施設をご紹介いたします。
手術は予約制になります。お電話でお問合せ下さい。
 
※ 避妊、去勢手術は電話で予約いただけます。
    犬猫ともに生後6か月以上(相談により4カ月齢からも可能です)
  施術可能です。
早めに手術を受けられたほうが将来的に女の子では
  乳腺腫瘍や子宮、卵巣の病気、また男の子では前立腺、肛門周囲腺腫、
  会陰ヘルニアなどの病気の予防に繋がります。
  また遺残乳歯の抜歯も同時に行えます。
  基本的には一泊になりますが、飼い主様のご希望、ご都合により
  日帰りにすることも可能です。
  すべての手術において安全に施術するため術前の検査を実施しています。
  (当日もしくは事前に)
  手術時間は動物の大きさにもよりますが去勢なら5分~15分、避妊で
  10分~30分くらいで終了します。
   短時間で終了することで術後の動物たちの状態も良好です。
   手術中は麻酔担当者が生体モニターだけでなく肉眼で動物の
   状態を常に管理しています。
 
       避妊手術では抜糸が必要となります。ただし気性が激しいなどで抜糸が
   できないなどの場合は抜糸を必要としない方法で縫合いたします。
   抜糸をしたほうが術創は衛生的です。
   費用に関しては電話でお問合せ下さい。また野良猫、地域猫の手術も
        ご相談下さい。


駐車場は病院前に5台、西隣大型駐車場に10台、計15台駐車可能です

待合室には毎月更新されるわんにゃんTVを流しています。飼育や病気に関する豆知識を知ることができます。

城下町の観光地などが多く存在する風情のある商店街にあります。
大型駐車場にはベンチを2か所、また給水所を設けていますので
ご利用下さい。

診察時間


診察曜日 日・祝
午前9:00〜12:00  ○ ○  ○     ○  ○  休
午後4:00〜7:00
△ 土曜日午後は15時~18時
 ○  ○  ○  ○


 休

※△ 土曜日午後の診療は午後3時〜午後6時となります。
   

MENU